So-net無料ブログ作成

パチンコ実機の中古実機で楽に遊ぶコツ [中古のパチンコ実機はどんなもの?]

パチンコ実機を自宅に設置して打つ際にネックになるのが、パチンコ玉問題です。
いちいち上皿に足す動作が面倒だったり、環境によっては玉があちこちに当たる音がうるさかったりします。
そこで、これらの問題を解決してくれるオプションをご紹介しましょう。

「裏玉循環加工」は、少ない玉をグルグルローテーションさせて遊べるようにした機構です。
打ち出して下まで流れた玉は、特別に作られたルートを通って上皿にすぐ出てきます。
これで打ち続けることが可能になり、玉を追加するストレスから解放されますね。

ただし、台の裏側にトンネルを掘るようなものですから、一度この加工をするとそれを取り除くことはできなくなるのでご注意を!

玉の音は一切無くしてしまいたいという場合は「オートコントローラー」を付けてみるのはいかがでしょうか。
「A-CONTROLLER」という種類のオートコントローラーなら、チャンスオートやラウンド時間の節約などもリモコンで楽々設定可能♪
何より静かに遊べるのが魅力です。

これらのオプションを付けられるコチラのショップでは「AKB48バラの儀式」の中古実機も取り扱っているようですよ。

⇒パチンコAKB48バラの儀式の中古台の詳細はコチラ♪




トラックバック(0) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。